こんなことで悩んでいませんか?


本番になるとあがってしまい普段の力が発揮できない。

動作時に体に痛みが出る。休んで一時的に良くなっても動くとまた痛めてしまう。

たくさん練習しても思うように上達しない。

体と心を整えて、自分らしく生きられるようになりたい。

生徒に教えているが自分自身の体にも痛みがあったり、やりずらさを感じている。

体と心の効果的な使い方を教えられる指導者になりたい。

体と心の理想的な状態になると、、、


レッスンを受講されているピアニストの生徒さんからこんなメッセージを頂きました。

『先生、海外の某コンクールでなんと第一位をいただくことができました。

結果もそうですが、何より本番の自分にびっくりするぐらい成長を感じ、そのことを嬉しく思っています。

心から音楽を楽しみ、今ここにいることができ、不要な感情はどこかにいき、、不思議でした。

ただ音楽と共にあり、その場の音の出会いを楽しみ、なんならピアノとコミュニケーションしながら新しいアイデアを試したくなるような感じでした。

サポートしている方が本番の舞台で素晴らしい体験をされ、その喜びを共有できたことがとても嬉しかったです^^

このような体験は演奏という場面だけに限って起こるわけではありません。

もし私たちが生きているあらゆる瞬間に人や世界とのつながりを感じ出会いを楽しむことが出来たらどんなに素敵でしょうか。

「体と心の使い方実践会」ではそんな心身の在り方を探求し実践していきます。

本来のパフォーマンスが発揮できなくなる理由


体の痛みやパフォーマンスの問題には、実は私たちが普段無意識に行なっている心身の不必要な緊張が関係しています。

心身が緊張する原因、それは余計な思考です。

私たちは大事な本番に臨むとき、「この本番を成功させたい」と思います。

同時に「失敗したらどうしよう」という不安な思いが出てくるかもしれません。

ですが本番で本来のパフォーマンスを発揮するために最も大切なことは、成功させたいと強く思うことでも失敗を過度に恐れることでもなく、今この場に意識をおき、やりたいことに100%集中することです。

そうは言っても、、、頭では分かっているけど、、、

というのが多くの人が思うことではないでしょうか。

なぜ私たちは今やっていることに100%集中することができないのでしょうか?

体と心の使い方実践会とは


その理由は、私たちが「考える」ことを重視し過ぎ、「感じる」ことを忘れてしまっているからです。

感じるとは、「今ここ」に100%集中することです。

そして「今ここ」に意識をおくために効果的な方法の一つは、体の感覚に注意を向けることです。

体の感覚は今この瞬間にも起こり続けています。

体の感覚を感じ「今ここ」に100%集中できれば、心は静かになり緊張にのまれることもありません。

その為には、体を観察し余分な緊張に気づき、その緊張を自分でやめられるようになることが必要です。

「体と心の使い方実践会」では体の感覚を感じて動くことで「今ここ」に100%集中し、あなた本来のパフォーマンスを最大限発揮できるようになる心身の使い方を身に付けることができます。

実践会に参加した方からこんな声を頂いています


練習時間をショートカットして効率的に練習が出来るようになりました。
歌のレッスンで生徒さんに伝える言葉が明確になり、1回のレッスンでの変化が生徒さんご自身も驚くくらい顕著になりました

ジャズボーカリスト 東かおるさん

 歌の生徒さんが土橋さんのアレクサンダーテクニークのレッスンを受けられ、その変化に驚き参加させて頂きました。歌のレッスンでは経験則で伝えることに限界を感じていました。歌の悩みは身体に原因があるということは分かっていましたので、身体の仕組みのことを一度学びたいと思っていました。

 受講後はレッスンで生徒さんに伝える言葉が確実になりました。

また1回のレッスンでの変化が生徒さんご自身でも驚くくらい顕著になりました。

私自身の変化としては講座を受ける前は試行錯誤して色んな角度から練習していました。

受講後はショートカットして効率的に練習できるようになりました。

この講座は、授業をされる方、演奏家、精神的なわだかまりのある方に特におすすめします!

楽に弾けるようになると、演奏技術以外の音色や表現の方に集中できて、音楽全体を考えながら演奏できるようになりました。

ピアノ講師 H・Yさん

 講座を受ける前は、ピアノを練習したあとに肩こりや頭痛が起こる、練習しても思うように指が動かない、人前になると緊張して弾けなくなる、という状態でした。

 講座を受けてみて、今まで自分がどれだけ身体を硬くして弾いてきたのかということに気付かされました!
うまく弾けない部分があると、どうしても指先にばかり意識がいってしまっていました。

ですが、関節や骨、筋肉など身体の内部の動き方などを教わり、演奏する際に意識する部分を変えることで、かなり動きがスムーズになり、楽に弾けるようになりました。

目に見えて動かしている部分は身体の一部でも、実際には、身体全体が作用して動いているんだなと感じることができました。

 楽に弾けるようになると、演奏技術以外の音色や表現の方に集中できて、音楽全体を考えながら演奏できるようになってきました。おかげさまで、ずっと悩まされていた練習後の肩こりや頭痛もかなり減りました。

身体の使い方の他にも、目の使い方、呼吸の仕方、緊張時の周囲に対する考え方など、どれもが新鮮で、霧が晴れるような感覚でした。
この身体の使い方講座に、もっともっと早くに出会いたかったです!

余計な緊張がない分、とても楽に動けるのには本当に感動します

ヨガ講師 小畑真紀さん

課題:

私自身が無意識に緊張している体の部分に気付き、心と体をさらに整え繋げたい。

体が本来動きたいように自由に楽に動きたい。それを生徒さんにお伝えしたかった。

変化:

以前は力が入ってしまい、なかなか気持ちよくできなかったヨガの難しいバランスポーズも、体の繋がりを感じると、スッとどこにも力みがなく楽にとれるようになりました。おかげで生徒さんも、バランスポーズがスッととれるようにもなりました。

昨年から参加して頂いている小畑さんはボディマッピングコーチとしてモニターレッスンをスタートされています

患者さんに驚かれるレベルで相手の動きがめちゃくちゃ良く見えるようになりました。

柔道整復師 芦田完さん

体系的に身体の仕組みから使い方を学びたいと思い参加しました。

受講後は患者さんの状態をより俯瞰的に見られるようになり、患者さんのペースで伝えやすくなりました。

患者さんに驚かれるレベルで相手の動きがめちゃくちゃ良く見えるようになりました。

講座ではグループレッスンもあるので他の方からフィードバックをもらえるのも良かったです。

この講座は教える仕事をする方に特にお勧めします。学校や塾の先生、歌やピアノ、スポーツトレーナーなど講師業の方におすすめです。

講師認定も可能な7ステップのカリキュラム


確実にマスターできる反転学習システム


確実に効率的にマスターするために、実践会では「反転学習システム」を取り入れています。

反転学習とは、従来のように先生が授業をして、復習として宿題を出されるのではなく、ビデオなどを使って自宅で授業内容を予習し、授業の時間には通常は宿題として扱われる演習をしたり意見交換を行うもので、東京大学をはじめ様々な教育現場で採用されています。

実践会では動画学習で事前に予習していただた上で、レッスンやチャットサポートでアウトプット・フィードバックを行います。あなたがより早く、より確実に効果的な体と心の使い方を身につけて頂くために徹底的にサポートする体制を整えています。

対面とオンラインのコースがあります


対面コースは京都、東京で開催しています。

また、オンラインのみの参加も可能です。

詳しくは、無料個別相談にてお伝えします。

実践会に参加して得られるもの

・自分の身体の理解

全ては自分の身体の状態を理解することから始まります。自分の身体を理解してはじめて本来のパフォーマンスが発揮できるようになり、人にも教えられるようになります。

・ストレス激減、心身の安定、身体の痛みの解消

身体の軸が安定することで、心身が安定し、痛みの解消やストレスが激減します。

・本番での圧倒的パフォーマンス発揮力

やり方ではなくあり方(身体の状態)そのものが変化することで圧倒的に成長スピードが速くなりパフォーマンスが劇的に向上します。

・他者観察力と指導力の劇的UP

自己観察が出来るようになれば、他者を観察することは容易です。これまで見えなかったものが劇的に観察できるようになります。

・安心安全な環境

安心安全な場があって初めて人は変化することができます。安心して失敗ができ、何度でもチャレンジできる場を提供し、応援し合える仲間ができます。

無料個別相談の流れ


1.無料個別相談のご予約をしていただきます。

こちらのページからご希望の日時を選択し無料個別相談をお申し込みいただけます。

2.ヒアリングシートを提出していただきます。

ヒアリングシートに基づいて、あなたの体の痛みやパフォーマンスのお悩みのご相談に乗ります。

3.zoomカウンセリング

無料個別相談の当日、ご予約頂いたお時間にZoomで相談を行います。体の痛みや不調などの悩み、解決したい問題などをお話し下さい。

4.姿勢・動作チェック

姿勢の状態や問題の出る動作などを、実際に行って頂いて現状をチェックします。

5.解剖学に基づいた姿勢や動きの説明

原因となっている無理な姿勢や動作を改善する為に、骨格模型アプリなどを使って楽で自然な姿勢や動作の仕組みをお伝えします。

6.姿勢・動きのアドバイス

先ほどお伝えした内容を、問題の起こる姿勢や動作に応用して、体に負担のかからない楽で自然な動きを、実際に行いながら理解していきます。

7.実践会への参加

アレクサンダーテクニーク教師土橋健一が、12ヶ月間あなた本来のパフォーマンスを引き出す為に伴走いたします。

PS,自分自身を理解して理想のパフォーマンスを発揮できるようになりませんか?

体と心の使い方実践会では、私の20年間の身体の学びと10年間の1,000人以上の方に身体の使い方を指導して確実に効果があった内容の全てをお伝えしています。

これまで時間にすれば1万時間以上、費用にして1,000万以上を投資してきました。

ですが、あなたは私のように膨大な時間とお金をかける必要はありません。

あなたにはそのような余分な労力を使って時間を無駄にして欲しくないのです。

体と心の使い方実践会では、

『最高のパフォーマンスを発揮したい、痛みや緊張から解放されたい、自信を持って指導したい』

といったあなたの望みを、最短で解決できる最も効果的な体と心の使い方の全てをお伝えします。

少しでも興味を持っていただいた方はお気軽にご相談ください!

講師紹介


土橋健一

アレクサンダーテクニーク教師、NLPマスタープラクティショナー

1982年大阪府堺市生まれ、2004年同志社大学商学部卒業。

会社勤務をしながら2014年にアレクサンダーテクニーク教師資格を取得。

2016年〜2018年 大阪芸術大学舞台芸術学科非常勤講師

2018年 アレクサンダーテクニーク京都スタジオOPEN

2020年 島村楽器より発売のピアニスト向け姿勢バランスマット「ピアニーク」のプロデュース

私は小さい頃から人見知りで、人とのコミュニケーションが苦手でした。
そんな私ですが、大学では体育会のクラブに所属し、副キャプテンとしてチームをまとめる経験をしました。
これには苦労しましたが、同時にひどい肩こりにも悩まされるようになりました。

悩みを解決するために心理学や哲学の本を読みましたが、根本的な解決には至りませんでした。
そんな時、「心と体は分けることができない一つのものである」というアレクサンダーテクニークの考えに出会い、実際にレッスンを受け始めました。

この学びを通じて、心身のバランスを取る方法を学び、肩こりも解消しました。
また、人とのコミュニケーションも以前より楽になり、心と体が密接に関係していることを確信しました。

この経験を元に、同じように心や体の悩みを持つ方をサポートしたいと思い、2009年からアレクサンダーテクニークの専門的なトレーニングを受け、講師の資格を取得しました。

これまでに延べ1000人以上の方にレッスンを行い、現在は京都や東京、オンラインで本来の力を引き出す心身の使い方を伝えています。